漫画のハイキューがかっこいいと海外で大人気です!

スポンサードリンク

『ハイキュー!!』は長期連載の日本のバレーボール漫画です。

1番の魅力は多彩なキャラと熱血男子と対比で非熱血系男子の組み合わせが織りなす場面です。

そこで海外でも人気の、かっこいいシーンやキャラクターをいくつか紹介していきます。

スポンサードリンク

漫画のハイキューでかっこいいシーン(個人的に)

東京遠征中に、月島が「バレーボールを始めたのは兄の影響が大きい」と確信します。

なぜなら月島の大好きな兄がのめりこんでいたバレーボールなので。

月島の兄は烏野高校ではレギュラー入りを果たせずに高校生活を終えました。

その悔しさをずっと見てきた弟の月島は、どんなに頑張っても思い通りにいかないこともある!と悟り、無難な所まで頑張る姿勢を取ります。

しかしある日、合同合宿で皆が自主トレに本気で取り組んでいる姿を見てからというもの、心の奥底に終い込んでいた何かが目を覚まします

負傷した澤村の代わりの縁下が困難に向かっていくシーン

和久南戦での出来事。

 

大きな功績は出せなかったが、堅実にチームを精神面でも支えてきた澤村主将の後を任せられるのは重責です。

不安と恐怖からかつて厳しい練習から逃げたことがあります。

しかし負い目と辛さを自問自答してみると、逃げた方が辛かったと思いだした縁下は、ブロックからこぼれるボールを懸命に拾っていくことを自分に課し仲間と共に戦います。

しかし、レシーブした時にリベロである西谷から褒められた時には心底嬉しそうでした。

及川が岩泉へロングトスを上げるシーン

春高予選準決勝にて。

 

最終セットにまで持ち込み、いよいよ烏野高校がマッチポイントになった場面。

乱れたレシーブを及川がコートの外から岩泉へ超ロングトスを渡す。

そこにピッタリのタイミングで入ってきた岩泉の連携が最高に心震えました。

いつもはよく喧嘩をしている2人なんですが、長年コンビを組んできた勘もあり2人の阿吽の呼吸にしびれました。

影山のオープントスに日向が絶妙のタイミングでジャンプでスパイクするシーン

春高にて。

 

孤爪の日向封じの作戦のため、速攻に加われない日向に向かってオープントスを上げる影山。

それに見事に応えて、力を込めたジャンプからのスパイクを放つ日向。

今までは速さに執着していた影山だったが、オープンというゆるやかな技を見せたことで、スパイカーの道を切り開き、セッターという新地に立ちます。

常によく動いていた日向が狙われ、どんどん動きが封じ込められていきます。

その封じ込めから一気に飛び出す様子が身震いするほど嬉しいシーンでした。

ご紹介した場面は、ここぞという所で単独でかっこいいエースらしさを魅せてくれたシーンでした。

漫画のハイキューでかっこいいセリフ

影山の「俺がいればお前は最強だ」と言うセリフ

日向は、烏野高校のエース東峰のプレーを見た瞬間から気になっていました。

 

それを察した影山は、『変人速攻』で烏野町内会チームのブロックと戦わせて見事に得点をたたき出させます。

「俺がトスをあげたとき、お前はブロックにつかまったことがあるか?」「お前のバネとスピードと俺のトスがあれば、お前はどんなブロックとでも戦える」と言いました。

日向はその言葉に自信を取り戻し、かつ励まされました。

東峰旭が復活してトスを呼ぶ

東峰は試合で、どんなに精一杯打ったスパイクでも止められてしまい遂に心が折れてしまい部活にも出なくなりました。

ただバレーボールが完全に嫌いになったわけではありません。

ある日何かのきっかけでバレー部の練習に参加することになった東峰。

しかしまたしてもスパイクがことごとくブロックに止められてしまいます。

そこで、そのブロックされたボールを西谷が拾い「壁が跳ね返されたボールも、俺がつないでみせるから、だからもう1回トスをよんでくれ!エース!」と東峰に言います。

そんな時、菅原が東峰にトスを上げるか迷っていると、東峰が「スガーーー!!!もう1本!」。

そして菅原が、東峰が打ちやすいトスを上げると見事に3枚ブロックを打ち抜きます。

菅原の「1つでも多く勝ちたいです。次に進む切符がほしいです」と言うセリフ

烏養コーチはレギュラーメンバーの中で、セッター担当を菅原か影山のどちらにするか迷っていました。

 

菅原は現在3年生で、今までの切磋琢磨の経験と信頼があります。

対する影山は、誰が見ても飛びぬけたセンスの持ち主です。

菅原は、実は烏養コーチが迷っていることに気づいていました。

そして合宿の日、菅原は烏養コーチに「1つでも多くの勝ちたいです。次に進む切符がほしいです。それをとることができるのが、俺より影山なら、迷わず影山を使うべきです」と言います。

すると烏養コーチは「俺はお前を甘く見ていたみたいだ。お前らが勝ち進むために俺ができることは全部やろう」と応えます。

そのやり取りを物陰で聞いていた澤村と東峰は「気合入れんぞ」と声を掛け合います。

インターハイ予選で敗北した後の様子

烏野高校はインハイ予選の第3回戦で青葉城西高校に敗北してしまいます。

 

部員全員が悔しさを隠せないまま体育館を出ます。

すると烏養コーチが全員に「飯いくぞ」とコーチの行きつけの居酒屋に行きます。

烏野高校部員全員無言でひたすら飯を食べます。

ご飯を食べながらも、月島以外全員が涙と鼻水だらけになりながら食べています。

その時烏養コーチが「食え、もっと食え、そして強くなれ」と言っているシーンがグッときました。

岩泉の「あれを決められなくて何がエースだ…」という心の言葉

春高バレーの予選会で烏野高校に敗北した青葉城西高校。

 

最後の激しいラリーの時、及川のナイスプレーで得たチャンスをエースの岩泉は決めることができませんでした。

結果、日向のスパイクを拾えなかったことが敗因になり負けてしまいます。

そして、岩泉にとって凄まじい後悔の残る試合になってしまいます。

試合終了後、及川のナイスプレーを思い出し「あれを受けて決められなくて何がエースだ!!」と心の中で何度もつぶやき涙を流していました。

声には出していなかったもののそれを察知した日向は、岩泉に対し何も言わずに背中を叩きます。

チームメイトも俯きながら涙を流す岩泉の背中を次々と叩いていったのです。

岩泉と及川、そして青葉城西高校の絆の強さと思いやりを感じるシーンでした。

西谷の絶妙のファインプレー

あと1点で烏野高校が勝利という場面。

 

白鳥沢高校のサーブがネットに引っ掛かり、澤村の前に落下しそうになりますが、分かっていても疲労が限界で足が動きません。

そこに西谷が飛び出しレシーブ。

その上がったボールを影山がかっこよく強烈にスパイクするも、白鳥沢高校のブロックに阻まれます。

再度烏野コートに返ってきたボールを、体勢を崩したままの西谷が再びレシーブします。

この素晴らしいプレーで会場が沸きます。

その後、西谷は「太ももがハチ切れようとも、空中戦は頼みます」と他のメンバーに伝えます。

烏野3年生の熱い抱擁の姿

全国制覇も可能なメンバーをそろえている白鳥沢高校。

 

そんな白鳥沢高校に、烏野高校が勝つとは誰も予想すらしていませんでした。

しかし激戦の末、最後日向の1本で烏野が勝利します。

その瞬間、澤村・東峰・菅原は無言のまま抱き合い涙を流しました。

コートの外でその姿を見たマネージャーの清水潔子が言葉を失いながら涙を流していたのです。

弱く苦しい時代から共に切磋琢磨してきた烏野高校の3年生たちの姿には、いつも胸が熱くなります。

漫画のハイキューの名言が深い!

『ハイキュー!!』の漫画で一番感動すること。

 

それは1話に1つは必ず、感動でうならせるせりふが有る!ということです。

お涙ちょうだい的というわけではないが、作者も高校時代は負け続きの弱小バレー部にいたという経験からの言葉もあるのだろう。

とにかく響いてくるせりふは、かつて部活の顧問や親や仲間に掛けられたせりふもあるかもしれない。

また、どこからか拾ってきた言葉もあるかもしれませんね。

『ハイキュー!!』で特に思うところは、登場人物一人ひとりにしっかりと焦点が当たっていてそれぞれの個性を丁寧に表現しているところですね。また、個性的な登場人物が多くそれぞれのキャラがしっかりと立っています。

だから『ハイキュー!!』を読むと、実際バレー部での経験がなくても読者がすぐに感情移入できる人物が必ず1人は見つかります。

なぜならバレー部員でなくても、テレビや映画でどこか見たことのあるキャラだと思うので。

『ハイキュー!!』は人生で苦しい時に必要なことを教えてくれます。少なくとも人生に前向きに向き合っていくための指針にはなりますね^^

しかし、名言の配置の仕方が上手いですね。
魅せ方も上手い!

負けた時のチームや個人に対してのせりふもかっこいいので、やはりここがファンを引き付ける魅力でしょう。

いつも負けっぱなしで、悲しくなっても『ハイキュー!!』を読むと元気になれそうです。

負けた時に、読みたい言葉がいっぱいある漫画本はバイブルになりますね^^

まとめ

漫画のハイキューでは何といっても、烏野高校の3年生たちバレー部員にはいつも何かを教えられ励まされるものがあります。

どこにでもある『スポ魂物』のようにも見えますが、どこにでもある物をしっかり掘り下げていっている泥臭い感じが海外の人たちに受けるのではないかと思わずにはいられません。

日本人にも広く受け入れられている所から、凄いメッセージ性を感じています。
そんなところがカッコイイです!

タイトルとURLをコピーしました